創業者講演会(創業者創出ミーティング)

  • 2019/02/05 UP
  • category:製造業
"常識への挑戦をし続ける"

2018年5月17日(木) 吉井高等学校 にて


相模屋食料株式会社 代表取締役社長

鳥越 淳司

https://sagamiya-kk.co.jp/

事業紹介 社長になった理由 事業が成功した理由 若者へのメッセージ 
  • ――――
  • 事業紹介

 大豆加工食品の製造販売を行っています。製造拠点は北海道から沖縄まで展開しており、おとうふ作りの基本である木綿・絹などに徹底的にこだわっています。豆腐の全国シェアはトップです。ガンダムとコラボした「ザクとうふ」や20~34歳の若い女性をターゲットにした「マスカルポーネのようなナチュラルとうふ」、植物性100%の「BEYOND TOFU」など、新しいカテゴリー商品も積極的に開発しています。「マスカルポーネのようなナチュラルとうふ」をはじめとするナチュラルとうふシリーズと、それを進化させた「BEYOND TOFU」とで、東京ガールズコレクションに計7回出展しています。私のおすすめは「BEYOND TOFU」です。おとうふの世界をがらっと変えます。

 

ページトップへ
  • ――――
  • 社長になった理由

 社長の娘と結婚し相模屋に入りました。社長をやりたかった理由は、人に決めてもらいたくない、自分ですべて決めたいという思いからです。当然大きな責任やリスクを伴うけれど、社長の仕事がそれ以上に楽しい。やりたいことを自分でやれるのがいいところです。

ページトップへ
  • ――――
  • 事業が成功した理由

常識への挑戦

 私たちは常識への挑戦をずっと続けてきました。おとうふのメーカーに将来勤めてみようと思う人はほとんどいないと思います。ただ、誰もがやらないようなことは、逆に考えると競争相手がいません。現状をネガティブに捉えるか、ポジティブに捉えるかで視点は大きく変わってきます。どうしようもないこと、誰もやらないことをやれば成功率は極めて高い。目の前にあってダメかもしれないと思うことにこそ、チャンスがあります。

 「誰もがいいもの」は誰にとってもすごくいいものではありません。とがってない、そこそこいいものです。勝つためには2番ではダメです。1番にこだわるということが大切です。

 私のように様々な新しいことに挑戦すると、昔から業界にいる人たちから必ず反発を受けます。そんな業界の不条理やしがらみを打ち破るには、急成長すること。そうすると周りに合わせる必要は無くなります。それが業界のためにもなります。なにより、おとうふの可能性を追求することはとても楽しいです。やればやるほどお客様も楽しみにしていただいているので、応えたいという思いもあります。

アイディアの出し方・考え方

 アイディアを出すきっかけづくりとしてはいいかもしれませんが、お客様の言うことすべてを聞いて作ったものは売れません。大事なのは、決め込んで一歩踏み出すことです。人がいいといったものは成功する確率が低い。人がこんなものどうしようもないという時こそ、うまくいく可能性があります。

 また、自分の言葉で考え、これだと決めたものを突き進めること。綿密な計画書はいりません。他人の理論は知ったかぶって使わないこと。様々な理論、理屈を身につけることは大切ですが、他人の理論は所詮借り物です。それを自分のことのように言ってはいけません。そして、気取って横文字を使わないこと。自分の知らない言葉を使って、果たして相手に伝わるでしょうか。自分の言葉で伝えることが大切です。

 とにかく圧倒的なスピードが大切です。きれいにやろうと思わないで泥臭く、ど根性で突き進みましょう。

ページトップへ
  • ――――
  • 若者へのメッセージ

 群馬イノベーションアワードは大きなチャンスだと思います。リスクなしで、やりたいことを計画できます。高校生は着眼点が非常にいいです。やんちゃなプランがでてきます。今しかできない大きなチャンスを活かして、自分を表現してもらいたいと思います。

 どんどん頭は固くなります。失敗したくないと思ってしまいます。でもそうじゃない皆さんには、ぜひ挑戦してほしいです。

 学校の成績と社会での成功はイコールではありません。でも、勉強はとても大切です。例えば社会に出て、人に自分の思いを伝えることは、とても重要です。だから国語はしっかり勉強してください。また、人は同じことを繰り返します。歴史もしっかり勉強してください。

 皆さんには無限の可能性が広がっていると思うかもしれませんが、それを生かすも殺すも自分次第です。チャンスが訪れたときに迷わず踏み込むことが大事で、チャンスを逃すたびにどんどん狭まっていきます。転がっているチャンスを「チャンス」として捉えられるかが重要です。

 選択肢は沢山あるように見えて実はそれほど無く、選択している時間もそう長くはありません。目の前の少ない選択肢から選んですぐやる方が成功する可能性が高いです。広い選択肢から選んでいる間に売り切れてしまいます。スピードがすべてです。

 必殺技は一番最初に出してください。ずっと大切に持っていたら成長はありません。必殺技を出したら、次にそれ以上の必殺技が必ず出てきます。

 皆さんはこれから色々な挫折をすると思います。その時に感じてほしいのは、戻るチャンスがあるということ、そして、どん底でもそれがすごく活きてくる時がくるということです。プライドを捨てられる人間はものすごく強いです。挫折をチャンスと捉えてください。

ページトップへ