創業者インタビュー

  • 2015/01/30 UP
  • category:生活関連サービス業、娯楽業

株式会社 アトランティス(みなかみ町)

代表取締役 赤見和也

http://www.cknail.jp

http://www.cubic-jp.com

事業概要 創業のきっかけ 事業が成功した理由 失敗から這い上がった… 座右の銘 
将来の夢・志 これから創業に挑戦す… 
  • ――――
  • 事業概要

株式会社アトランティスは、渋谷と新宿でネイルサロンを2店舗運営しているほか、最近ではネイルサロン向けの商材を開発して、ネイルのディーラーに卸すBtoBビジネスも行っています。

今まで、ネイル業界の「常識」といえば、「スワロフスキー」を爪の上に乗せてコーティングする手法でした。しかし、この「常識」の最終工程に不満があったため、満足できる技術開発に取り組んだ結果、「常識」を覆す画期的な新技術の開発に成功しました。

ジェルネイルの皮膜に、超精密切削技術で穴を開け、そこにジルコニア・ダイヤモンドをはめ込んだことにより生まれるダイヤモンドと遜色ない輝きは、ネイルを楽しむ女性にとても好評をいただいております。

■インタビューの模様はこちらの動画からもご覧いただけます

ページトップへ
  • ――――
  • 創業のきっかけ

元々、工業大学を卒業した後は、美容師をしていたのですが、「このまま美容師だけで終わるのではなく、自分で経営をしたい」という想いがどんどん膨らんでいきました。

経営に必要な知識や情報、たとえば経営学をはじめ、マーケティング、マネジメント、心理学、財務、コピーライティングなどの各スキルを総合的に学んでいきました。「経営」について進んで学んでいく中で、自分の力を試したいという想いが高まり、創業を決意しました。

ページトップへ
  • ――――
  • 事業が成功した理由

やる!と決めたら、徹底的に学んで実践していく

「やる!と決めたら、徹底的に学んで実践していく」、その意思と行動力があったからこそ、事業が成功したと感じています。経営には、「総合力」が必要です。「総合力」を習得するために、会社経営に必要な知識やスキルを学びました。ビジネス本やその他 関連する本を1000冊以上読破し、外部の有料セミナーなどにも多数参加して、まさに徹底的に学びました。これによって、あらゆる知識や情報をインプットできました。インプットした知識や情報量が増えることによって、それらが互いに結び付き、新たなビジネスの発想力となりました。

 

人との関係づくりスキルと姿勢

また、事業をしていく上では「人との関係性を構築する」スキルが、特に重要だと思っています。このスキルは、初めて会った方、知り合いの方からのご紹介など、ビジネスマッチングにおいて大きなカギを握るのではないでしょうか。このスキルを磨くために、私はたくさんの社長さんや営業の方とお会いしました。まずは、多くの人と会って、実際に話をしてみることだと思います。

さらに、その人との出会いの場面においては、自分で吸収した新しい情報の量と、それをどれだけ相手に提供できるかという姿勢も重要だと思っています。自分だけ有益な情報を得ようとするのでは、相手に全くメリットがないですからね。「キブアンドテイク」ですね。

ページトップへ
  • ――――
  • 失敗から這い上がった経験談、苦労から学んだ経験談

メンターの存在

中小企業に足りないヒト、モノ、カネ、すべてが足りない…、頭ではわかっていましたが、そのために何度も崖っぷちに立たされました。メンター(=助言者、信頼のおける相談相手)と呼べる方がいて(今でもその方には大変お世話になっています)、未熟な自分の相談に乗って頂き、心の底からありがたかったと思っています。

 

経営課題に正面から向き合う

また、幾度となく訪れる危機に対しても、目先にある経営課題にきちんと向き合い解決していったことが、突破口だったと思っています。失敗して、体を張って学んでいったことが、結果として実力となっており、今ではよかったと思っています。

 

ページトップへ
  • ――――
  • 座右の銘

守破離(しゅはり)

「守破離」という言葉があります。

元々、私は基本を踏まえずに応用に取り組んでしまう、土台づくりがしっかりしていないのに応用をしてしまおうとする傾向がありました。今までを振り返っても、基本をおろそかにしていた部分があると感じましたので、第一に何をするにも土台、基本をきちんと学んでから(守破離の「守」)、自分なりの考え方に基づいてステップアップし(守破離の「破」)、それに応じて変化させていくこと(守破離の「離」)が大事だということがわかりました。

ページトップへ
  • ――――
  • 将来の夢・志

都内から群馬、日本全国へ

2015年には銀座への出店を予定しています。これは、他の業界で事業を大きく展開されている方との出会いが大きなきっかけでした。今後は東京都内で、3~5店舗ほど展開する予定です。スピード感を持って、東京都内から群馬へ、さらに日本全国へと展開していき、より多くの女性に画期的な技術によるネイルを楽しんでいただきたいです。また、イベントなどを通して、ネイリストさんに直接「違い」や「輝き」を体感してもらいたいです。カスタマー、さらにエンドユーザーに、「違い」や「輝き」を伝えられるネイリストがひとりでも増えることで、お客様も今までのものより綺麗に仕上がるということで満足度が高くなっていけばいいと思います。日常生活はもちろん、ブライダルなどのように特別な場面でもこの技術を使って頂き、皆様に喜んで欲しいと思っています。

 

B to Bビジネスへの参入と業界

それに伴って、同業他社に向けたネイルの商材開発・提供(B to Bビジネス)も進めます。店舗を運営しながら、B to Bビジネスに参入することで、業界全体を俯瞰(ふかん)しながら事業展開していけるのは大きなメリットがあると考えております。

今後は、店舗運営とBtoB用の商材開発を二本柱として、事業を展開していく予定です。

ページトップへ

そして世界へ

 

また、先にお話しした業界の「常識」を打ち破ったこの技術は、海外にも通用すると思っています。日本である程度浸透してきた時点で、海外に技術自体を販売していくような夢を持っています。

ページトップへ
  • ――――
  • これから創業に挑戦する人へ一言

事業計画書とビジネスモデルの準備をしましょう

1つ目として、準備がとても大切です。

まずは、事業計画書を作成することが基本です。3~5年の事業計画を立て、数字を試算しましょう。その事業が成功するか、数字から把握することが重要です。

また、ビジネスモデルの構築も大事です。ビジネスをする上での土台、基本的な構造をしっかりと作りましょう。それができれば、自分は何がしたいのかというコンセプトの設計ができます。

そういったことを、創業前に絞り込んでいく準備がとても大切です。

 

学びましょう

2つ目として、創業にあたっては、学ぶことが重要だと思います。ビジネス向けのテレビ番組や、書店のビジネスコーナーなど、日頃から身近で手に入る情報をインプットしましょう。関連するビジネス本を何冊も読むことによって、どの本にも共通する「核」となる部分が見えてくると思います。その「核」を習得するためにも、同じ系統の本や関連する本をより多く読む必要があると考えられると思います。

 

支援機関を活用しましょう

最後に、3つ目として、商工会議所・商工会等の支援機関や金融機関へ相談し、指導を受けたりして、積極的に活用しましょう。創業資金として、想定よりもお金がかかることが結構多いと思いますので、創業するときの資金と運転していく資金のバランスをとると良いと思います。また、事業を進めていく過程で、誰に相談したらいいかわからなくなることがあります。経営に関する数字を見せたくないこともありますので、そういった時に相談できる、信頼のおける先輩経営者やメンターと呼べる方をつくることも重要だと思います。

ページトップへ
社名

株式会社アトランティス

所在地

〒379-1314 群馬県利根郡みなかみ町下津4049-1

代表者

赤見和也

設立

2000年8月

電話番号

090-3427-6870

E-mail

info@cubic-jp.com

WEBサイト

http://www.cknail.jp
http://www.cubic-jp.com

事業内容

ジェルネイルサロン経営
商品開発

ページトップへ